教育費と住宅ローンの誤算

 

結婚をして住宅をローンで購入しました。
毎月の支払いとボーナス時年2回支払うローンでした。
夫の収入も 年々収入も増えるだろうと甘い考えでいました。
子供が生まれ 出費が重なっていましたが なんとかまだ余裕がありました。
所が 世間は不景気になり夫の収入が 2割、3割と減り 5割カットになってしまいました。
その上 子供が大きくなるにつれ教育費が増えて行きます。
塾やおけいこごとに通わせて 家庭教師の費用も増えていきました。
中学生までは 義務教育ということで大きな金額は掛からなかったのですが
高校入試から入学金や授業料と住宅ローンと重なり
生活費も加えると それは夫の収入の2倍以上になっていました。
最初の頃は 少しの預貯金から支出しましたが 収入が減った上にまとまった金額の支払ですから
とうてい支払う余裕がありませんでした。
親や兄弟も生活があるのですから無理はいえず 私は仕事を探しパートへ出るようにしました。
それでもまだまだ足らず 独身時代に買った着物や宝石類を売りました。
一時しのぎでしかありませんでした。結局は生活費が足りなくなって借金をする始末。家族にバレないようにカードローンを利用していました。※カードローン家族にバレない
途方にくれる日が幾日もつづき
私がパートではなく 正社員で働くことが生活を維持していくことが出来ると考え
仕事を探すことにしました。
私が働くということは 子供に負担をかけることになるのですが
仕事が決まるまでの間は 本当に貧しい食生活でした。
子供に満足なお小遣いも与えられませんでした。
ようやく 高収入の会社に恵まれ 朝から夜中まで残業をして働き
収入を得ることが出来て 全ての支払いを終えました。
少し預貯金もでき 今はゆっくりした生活を送っています。
ほとんどの方が 結婚し住宅をローンを付けて取得するわけですが
出産し 育児 教育費と次々のしかかってくる出費。
今思うと 何も考えず甘くいた自分が怖いです。

 

Leave a Reply